加賀一の宮駅 かがいちのみや
北陸鉄道 石川線
石川県白山市

加賀一の宮駅
旧駅舎正面 平成16年4月19日撮影
石川線のかつての終点駅。
駅前には白山比盗_社の鳥居前集落が形成されており、背後には手取川が流れ、目の前には獅子吼高原の山並みが広がっていました。

昭和59年までは当駅が石川線と金名線の接続駅となっており、線路は白山下駅まで延びていましたが、金名線の廃止後は行き止まりの終点駅となっていました。しかし、平成21年11月には石川線の鶴来−当駅間も部分廃止となり、鉄道の駅としての役目を終えました。
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和2年に「神社前」駅として開業し、昭和12年に現在の駅名に改称。
写真の旧駅舎は駅開業当時からのもの。平成21年に廃止。
れとろ駅舎HOME >> 甲信・北陸のれとろ駅舎 >> 加賀一の宮駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
加賀一の宮駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成16年4月19日撮影