軽井沢駅 かるいざわ
JR東日本 北陸新幹線
長野県北佐久郡軽井沢町

軽井沢駅
旧駅舎俯瞰 平成18年10月14日撮影
保養地として国際的な知名度を持つ、北佐久郡軽井沢町の玄関駅。
JR北陸新幹線としなの鉄道線が接続しており、駅の側には北陸新幹線工事によって解体された旧駅舎が「(旧)軽井沢駅舎記念館」として移築・復元されています。
平成9年まではJR信越本線の駅として碓氷峠を下る列車が発着していましたが、横川−軽井沢駅が廃止となり、現在は同区間は代替バスによって結ばれています。また、かつては当駅に隣接していた草軽電気鉄道の新軽井沢駅から嬬恋・草津温泉方面への電車が発着していましたが、昭和35年に新軽井沢駅を含む区間は廃止となっています。
【分類】 旧駅舎(移築)
【考察】 駅は明治21年に開業。写真の旧駅舎は大正元年に建てられたもので、平成9年に現在の橋上駅舎に改築。同年に北陸新幹線の駅となり、在来線の駅はしなの鉄道に移管。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 軽井沢駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
軽井沢駅
現在の駅舎 平成18年10月14日撮影