軽井沢駅

かるいざわ
しなの鉄道
長野県北佐久郡軽井沢町

軽井沢駅
旧駅舎(しなの鉄道旧駅舎口) R2(2020).8.2
【分類】 保存駅舎(移築)/現役駅舎
【考察】 駅は明治21年に開業。平成9年に北陸新幹線の駅が開業し、在来線の
駅はしなの鉄道に移管。写真の旧駅舎は明治43年に建てられたもので、
現在の橋上駅舎への改築に伴い平成9年に解体。後に駅隣接地に移築・
復元し「(旧)軽井沢駅舎記念館」となった後、平成29年にしなの鉄道
の「旧駅舎口」として整備され、再び現役の駅舎となる。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 軽井沢駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
北佐久郡軽井沢町の玄関駅。当駅はかつてJR信越本線の駅でしたが、平成9年の北陸新幹線開業に伴い、信越本線の当駅−篠ノ井駅間をしなの鉄道に移管。横川−当駅間は廃止され、バスによる連絡輸送が行われています。
また、軽井沢のシンボルとして長年親しまれた旧駅舎は、一度解体された後に「(旧)軽井沢駅舎記念館」として駅の隣接地に移築・復元。平成29年にはこれをしなの鉄道軽井沢駅の「旧駅舎口」として整備し、再び現役の駅舎として活用されています。
軽井沢駅
旧駅舎(しなの鉄道旧駅舎口) R2(2020).8.2
軽井沢駅
旧駅舎内部 R2(2020).8.2
軽井沢駅
ホーム側から見た旧駅舎 R2(2020).8.2
軽井沢駅
旧駅舎(駅舎記念館当時) H18(2006).10.14
軽井沢駅
現在の橋上駅舎 R2(2020).8.2
【切符】
軽井沢駅 きっぷ軽井沢駅 きっぷ
軽井沢駅 きっぷ