鼎駅 かなえ
JR東海 飯田線
長野県飯田市

鼎駅
駅舎正面 平成21年4月12日撮影
飯田市の郊外にある駅。
駅の周囲には商店や民家が建ち並んでいます。

駅北方の河岸段丘上には飯田市の中心市街地が広がっていますが、駅のある鼎地区は松川沿いの谷間を中心に展開しており、昭和59年までは下伊那郡鼎町という独立した自治体でした。また、駅南方の河岸段丘上には国道153号線が通っており、郊外型の商業施設が建ち並んでいます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した大正15年当時からの駅舎と思われる。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 鼎駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
鼎駅
ホーム側から見た駅舎 平成21年4月12日撮影

鼎駅
平成16年当時の駅舎 平成16年4月18日撮影