城川原駅

じょうがわら
JR西日本 富山港線
富山県富山市

城川原駅
旧駅舎正面 平成13年11月3日撮影
駅訪問当時はJR富山港線の駅でしたが、現在は富山ライトレール富山港線の駅となっています。
富山市の郊外にある駅で、駅前には住宅や工場、倉庫などが建ち並んでいます。また、国鉄時代には富山港線で運用される直流電車の車両基地がありましたが、電車の老朽化や合理化によって車両基地は廃止。その後、富山ライトレール移管にあたって再び当駅の構内に車両基地が設けられることとなり、併せて設けられた本社や運転管理施設とともに列車運行上の中核駅として機能しています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正13年に開業。平成18年にJR西日本からに富山ライトレールに移管。
写真の旧駅舎は昭和23年に建てられたものだが、移管に伴う駅構内改良工事により解体。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 城川原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
城川原駅
旧駅舎入口 平成13年11月3日撮影