稲荷山駅 いなりやま
JR東日本 篠ノ井線
長野県長野市

稲荷山駅
平成18年当時の駅舎 平成18年10月15日撮影
長野市篠ノ井地区の南部にある駅。駅前には民家が建ち並んでいます。
駅名の由来となった稲荷山の町(現在の千曲市稲荷山地区)は、古くから温泉地として、また、北国西街道の宿場町としても栄えてきたところで、明治時代初期から大正時代にかけては周辺地域随一の商業都市としても賑わいましたが、反対運動あるいは地形的な制約のためか、駅は町の北方に2キロほど離れた隣村(当時の更級郡塩崎村:現在の長野市の一部)の村域に設置されました。さらに、千曲川の対岸に広がる屋代の町には官設鉄道(後の信越本線→現在のしなの鉄道)の駅が設置され、後に河東鉄道(後の長野電鉄屋代線:廃止)が接続。物流の主役が鉄道に移行すると、稲荷山の町の商業都市としての役割は次第に失われていきました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治33年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明だが、平成25年に大幅に改装。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 稲荷山駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
稲荷山駅
ホーム側から見た平成18年当時の駅舎 平成18年10月15日撮影