本津幡駅

ほんつばた
JR西日本 七尾線
石川県河北郡津幡町

本津幡駅
駅舎 R1(2019).5.12
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治31年に「津幡」駅として開業し、「津幡口」駅への改称を経て
明治35年に現在の駅名に改称。現在の駅舎の建築時期は不明だが、昭和
4年および15年に駅舎一部改築の記録あり。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 本津幡駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
河北郡津幡町の中心部の北側にある駅。駅の付近には民家や商店が建ち並んでいます。七尾線の前身である七尾鉄道は明治31年に営業を開始しましたが、当時は官設鉄道(現在のIRいしかわ鉄道)の津幡駅が未開業だったため、当駅は七尾鉄道の起点駅として先行開業し、2年後に官設鉄道の津幡駅へ乗り入れています。
本津幡駅
ホーム側から見た駅舎 R1(2019).5.12
本津幡駅
ホーム側から見た駅舎 R1(2019).5.12
本津幡駅
駅舎 H15(2003).6.15