聖高原駅 ひじりこうげん
JR東日本 篠ノ井線
長野県東筑摩郡麻績村

聖高原駅
駅舎正面 平成13年8月26日撮影
東筑摩郡麻績村の玄関駅。
麻績村の中心部は古くから北国西街道の宿場町として栄えてきたところで、駅前から旧街道筋にかけて民家や商店、公共施設などが建ち並んでいます。

駅は開業当時から長らく村名の「麻績」を名乗っていましたが、村の北部にそびえ立つ聖山や、その山麓に広がる聖高原の下車駅として現在の駅名に改称されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治33年に「麻績」駅として開業し、昭和51年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎の建築時期は不明だが、平成25年に大幅に改装。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 聖高原駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
聖高原駅
ホーム側から見た駅舎 平成13年8月26日撮影