東富山駅 ひがしとやま
あいの風とやま鉄道
富山県富山市

東富山駅
駅舎正面 平成26年9月4日撮影
富山市の郊外にある駅。
駅前には民家や商店が建ち並んでおり、南側には巨大な工場の敷地が広がっています。

駅は当時の上新川郡豊田村に設置されましたが、駅の北西方には江戸時代から港町として栄えてきた岩瀬地区(当時は上新川郡東岩瀬町)があるため、駅はその玄関口として「東岩瀬」駅と名乗っていました。その後、岩瀬地区の中心部を通っていた富山地方鉄道富岩線(後の国鉄富山港線→富山ライトレール富山港線)が国有化されたため、後に駅名を富山港線の越中岩瀬駅に譲り、現在の駅名となりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治41年に「東岩瀬」駅として開業し、昭和25年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、大幅に増築・改築されている。平成27年にあいの風とやま鉄道へ移管。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 東富山駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
東富山駅
ホーム側から見た駅舎 平成26年9月4日撮影

東富山駅
平成13年当時の駅舎 平成13年11月3日撮影