福井口駅 ふくいぐち
えちぜん鉄道 勝山永平寺線
福井県福井市

福井口駅
仮駅移転直後の旧駅舎 平成27年10月5日撮影
福井市の市街地にある駅。三国芦原線の分岐駅ですが、当駅を通る三国芦原線の列車はすべて勝山永平寺線の福井駅まで乗り入れています。また、駅構内には車両基地が設けられており、えちぜん鉄道の列車運行上の拠点となっています。なお、当駅のそばにあった清川踏切は渋滞多発箇所となっていましたが、JR線の高架化完成に続いてえちぜん鉄道の線路の高架化工事も既に始まっており、現在は旧駅の南側に仮駅が設置されています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正3年に開業(開業時の駅名を「志比口」とする資料あり)。写真の旧駅舎は昭和23年の震災後に建てられたものと思われる。平成15年に京福電気鉄道からえちぜん鉄道へ移管。平成27年に仮駅へ移行。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 福井口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
福井口駅
ホーム側から見た仮駅移転直後の旧駅舎 平成27年10月5日撮影

福井口駅
京福電気鉄道当時の旧駅舎 平成13年3月25日撮影

福井口駅
JR北陸本線の高架下に設置された仮駅舎 平成27年10月5日撮影