永平寺口駅

えいへいじぐち
えちぜん鉄道 勝山永平寺線
福井県吉田郡永平寺町

東古市駅
京福電気鉄道東古市駅当時の旧駅舎 H13(2001).6.10
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は大正3年に「永平寺」駅として開業し、昭和12年の「永平寺口」駅、
昭和19年の「東古市」駅改称を経て、平成15年の京福電気鉄道から
えちぜん鉄道への移管時に再度「永平寺口」駅となる。写真の旧駅舎は
駅開業当時からのもの。平成26年に現在の駅舎が完成。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 永平寺口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
吉田郡永平寺町永平寺地区にある駅。駅は曹洞宗の大本山・永平寺がある谷の入り口に位置しており、開業当時は永平寺への玄関口として機能していました。その後、永平寺鉄道(後の京福電気鉄道永平寺線)が開業するとその乗換駅となり、平成15年の永平寺線廃止後も永平寺線の路線を引き継ぐバスの接続駅として機能しています。
また、平成26年には駅の裏手だった場所に新たな駅舎と駅前広場が完成しましたが、旧駅舎は地域施設としてそのまま活用されています。
東古市駅
ホーム側から見た旧駅舎 H13(2001).6.10
東古市駅
バス連絡口駅舎 H13(2001).6.10
東古市駅
永平寺線のホーム跡 H13(2001).6.10
永平寺口駅
旧駅舎 H27(2015).10.5
永平寺口駅
ホーム側から見た旧駅舎 H27(2015).10.5
永平寺口駅
現在の駅舎 H27(2015).10.5