越中大門駅 えっちゅうだいもん
あいの風とやま鉄道
富山県射水市

越中大門駅
駅舎正面 平成26年9月4日撮影
射水市大島地区(旧・射水郡大島町)にある駅。
駅前には商店や民家が建ち並んでいます。また、駅の裏手や北東側には大きな工場があり、かつてはそれらの工場からの貨物輸送を取り扱っていました。

駅の南西側には駅名の由来となった大門地区(旧・射水郡大門町)の町並みが広がっていますが、駅は当時の大門町に隣接する射水郡大島村(後に町制施行し大島町)の村域に設置されました。その後、平成17年に周辺市町の合併により射水市が成立し、現在はどちらの町も射水市の一地区となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正12年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。平成27年にあいの風とやま鉄道へ移管。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 越中大門駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
越中大門駅
平成15年当時の駅舎 平成15年4月27日撮影