電鉄黒部駅 でんてつくろべ
富山地方鉄道 本線
富山県黒部市

電鉄黒部駅
駅舎正面 平成27年10月4日撮影
黒部市の市街地にある駅。駅前には商業ビルや公共施設などが建ち並んでいます。
当駅は鉄道省の三日市駅(後の国鉄→JR→あいの風とやま鉄道黒部駅)を起点とする黒部鉄道によって開業し、当時の下新川郡三日市町の中心市街地の西にあったことから「西三日市」駅と名乗っていました。後に富山方面から延びてきた富山電気鉄道と当駅で接続し、黒部鉄道線は現在の富山地方鉄道本線の一部となりましたが、国鉄黒部駅との接続区間は支線化の後、昭和44年に廃止されています。また、三日市の町は昭和15年の合併により下新川郡桜井町の中心部となり、さらに昭和29年の合併により黒部市の中心部となったため、当駅の駅名も自治体名に合わせて改称を繰り返しました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正11年に「西三日市」駅として開業し、昭和26年の「電鉄桜井」駅改称を経て平成元年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は電鉄桜井駅への改称と同時期に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 電鉄黒部駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
電鉄黒部駅
駅舎内部 平成27年10月4日撮影

電鉄黒部駅
ホーム側から見た駅舎 平成27年10月4日撮影

電鉄黒部駅
ホームと上屋 平成27年10月4日撮影

電鉄黒部駅
平成13年当時の駅舎 平成13年11月2日撮影