電鉄黒部駅

でんてつくろべ
富山地方鉄道 本線
富山県黒部市

電鉄黒部駅
駅舎 H27(2015).10.4
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正11年に「西三日市」駅として開業し、昭和26年の「電鉄桜井」
駅改称を経て平成元年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は電鉄桜井駅
への改称と同時期に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 電鉄黒部駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
黒部市の市街地にある駅。当駅は官設鉄道の三日市駅(現在のあいの風とやま鉄道黒部駅)を起点とする黒部鉄道によって開業し、当時の下新川郡三日市町の中心市街地の西にあったことから「西三日市」駅と称していましたが、後に黒部鉄道は当駅で富山電気鉄道と接続し、現在の富山地方鉄道本線の一部となりました。
また、三日市町は昭和15年に下新川郡桜井町に、さらに昭和29年には黒部市となりましたが、当駅の駅名も自治体名の変遷に合わせて改称を繰り返しています。
電鉄黒部駅
駅舎内部 H27(2015).10.4
電鉄黒部駅
ホーム側から見た駅舎 H27(2015).10.4
電鉄黒部駅
ホームと上屋 H27(2015).10.4
電鉄黒部駅
駅舎 H13(2001).11.2