安曇追分駅 あずみおいわけ
JR東日本 大糸線
長野県安曇野市

安曇追分駅
駅舎正面 平成22年2月24日撮影
安曇野市穂高地区にある駅。駅の周囲には民家や商店が建ち並んでおり、周囲には田畑が広がっています。また、大正15年から昭和13年までの間は、当駅から池田鉄道が分岐していましたが、当時の信濃鉄道(現在の大糸線の一部)と池田鉄道は高瀬川を挟んで並走していたため、信濃鉄道の国有化を機に池田鉄道は廃止となりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正4年に「アルプス追分」駅として開業し、大正8年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 安曇追分駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
安曇追分駅
平成16年当時の駅舎 平成16年4月18日撮影