横川駅 よこかわ
JR東日本 信越本線
群馬県安中市

横川駅
駅舎正面 平成16年6月7日撮影
山間の静かな集落にある、信越本線(高崎−横川間)の終点駅。
現在はローカル列車が折り返すのみの小さな駅ですが、かつては急勾配の碓氷峠越えを控えた駅として補助機関車の車両基地が設けられていました。特急列車を含むすべての列車が機関車の連結・解放を行うため、その待ち時間に名物の駅弁「峠の釜めし」を買い求める乗客がホームに溢れるという光景が日常となっていましたが、平成9年の北陸(長野)新幹線の開業に伴い、横川−軽井沢間は廃止。現在、同区間はバスによって結ばれています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治18年に開業。現在の駅舎は大正8年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 横川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.