山北駅 やまきた
JR東海 御殿場線
神奈川県足柄上郡山北町

山北駅
北口駅舎正面 平成27年3月26日撮影
足柄上郡山北町の玄関駅。
駅北口には商店が、駅南口には公共施設や住宅などが建ち並んでいます。

当駅は東海道本線の駅として開業し、県境の勾配区間に備えて機関区も併設されていました。その後、昭和9年に東海道本線がルートを熱海経由に変更し、当駅を含む区間は御殿場線として分離されましたが、往時の名残で現在でも駅の構内は広く、構内の西端部にはSLを展示した鉄道公園が整備されているほか、線路に沿って延びる桜並木が名物となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治22年に開業。現在の北口駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 山北駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
山北駅
ホーム側から見た北口駅舎 平成27年3月26日撮影

山北駅
平成15年当時の北口駅舎 平成15年10月11日撮影

山北駅
旧南口駅舎 平成15年10月11日撮影

山北駅
現在の南口 平成27年3月26日撮影