矢口渡駅

やぐちのわたし
東急 多摩川線
東京都大田区

矢口渡駅
多摩川方面のりば駅舎正面 平成16年12月20日撮影
大田区にある駅。 駅の北側には交通量が非常に多い都道311号線「環八通り」が通っていますが、駅は商店が建ち並ぶ細い路地に面しています。なお、駅名の由来となった「矢口の渡し」とは、駅の南方を流れる多摩川に古来から存在した渡し場の名称で、大田区内最後の渡し場として昭和24年頃まで渡し舟が運航されていたとのことです。
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正12年に「矢口」駅として開業し、昭和5年に現在の駅名に改称。
現在の多摩川方面のりば駅舎は戦後建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 矢口渡駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
矢口渡駅
蒲田方面のりば駅舎 平成16年12月20日撮影