鈴木町駅 すずきちょう
京急 大師線
神奈川県川崎市川崎区

鈴木町駅
旧駅舎正面 平成21年2月15日撮影
味の素の工場の入口にある駅。
駅名にある「鈴木」とは味の素の創業者・鈴木三郎助氏にのことで、駅開業当時は「味の素前」という駅名でした。また、下りホームには味の素の工場の通用門に直結した臨時改札口が設けられており、平日の通勤時間帯のみ利用が可能となっているようです。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 昭和4年に「味の素前」駅として開業し、昭和19年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は駅開業当時からのものとする記録もあるが、建築様式から昭和34年の駅員再配置時に建てられたものとも推測される。平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 鈴木町駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
鈴木町駅
ホーム上屋と旧臨時改札口 平成21年2月15日撮影