袖ヶ浦駅 そでがうら
JR東日本 内房線
千葉県袖ヶ浦市

袖ヶ浦駅
旧駅舎正面 平成21年7月30日撮影
袖ヶ浦市の玄関駅。
袖ヶ浦とは付近の海岸を示す広域の地域名で、駅開業時は当時の村名から「楢葉」駅と名乗っていました。しかし、現在は海岸一帯が重工業地帯となり、人口の増加により平成3年に市制が施行されています。

駅の裏手には近年まで田畑が広がっていましたが、橋上駅舎化により新たに北口とロータリーが設けられ、区画整理が行われています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正元年に「楢葉(表記:ならは/読み:ならわ)」駅として開業し、昭和49年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は開業当時からのもの。平成26年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 袖ヶ浦駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
袖ヶ浦駅
平成12年当時の旧駅舎 平成12年3月23日撮影

袖ヶ浦駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成12年3月23日撮影