相武台下駅 そうぶだいした
JR東日本 相模線
神奈川県相模原市南区

相武台下駅
旧駅舎正面 平成23年6月29日撮影
相模原市郊外の住宅地にある駅。
駅名の由来となった「相武台」とは東方の丘陵地帯を指しており、戦前には陸軍士官学校が設置され、その跡地は米軍キャンプや自衛隊の駐屯地となっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和6年に開業。写真の旧駅舎は駅開業の前年に建てられたもの。
平成28年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 相武台下駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
相武台下駅
平成13年当時の旧駅舎 平成13年5月4日撮影

相武台下駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成13年5月4日撮影