佐原駅 さわら
JR東日本 成田線
千葉県香取市

佐原駅
旧駅舎正面 平成19年2月4日撮影
香取市(旧・佐原市)の玄関駅。
佐原の町は香取神宮の鳥居前町として、また、利根川水運の中継港として古くから賑わってきた町で、現在も駅周辺の市街地には古い町並みや建物がよく残されています。

隣の香取駅からは鹿島線が分岐していますが、鹿島線の列車のほとんどは当駅を始発・終着としており、駅舎の脇には鹿島線列車用の切り欠きホームが設けられています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治31年に開業。写真の旧駅舎は大正時代に建てられたものと思われる。(香取市都市再生整備計画による) 平成23年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 佐原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.