境町駅 さかいまち
東武 伊勢崎線
群馬県伊勢崎市

境町駅
駅舎正面 平成22年6月12日撮影
伊勢崎市境地区(旧・佐波郡境町)の玄関駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいますが、駅の裏手にも住宅地が広がっており、旧来の駅舎と直結した南北自由通路によって結ばれています。また、駅名の由来となった境の町は、江戸時代に日光例弊使街道の宿場町として栄えてきたところで、明治43年の駅開業時には既に町制が施行されており、新設合併で伊勢崎市の一部となる直前の平成16年には人口が3万人を超えていました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治43年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 境町駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
境町駅
平成16年当時の駅舎 平成16年6月7日撮影