相模原駅 さがみはら
JR東日本 横浜線
神奈川県相模原市中央区

相模原駅
旧駅舎正面 平成8年1月2日撮影
平成22年に政令指定都市となった、相模原市の玄関駅。
相模原市の前身となる高座郡相模原町は、戦前の軍都計画に基づき周辺町村が昭和16年に合併して成立した町で、当駅はその頃に設置された比較的新しい駅でした。そのため、昭和29年の市制後も駅の規模は小さいままで、中心市街地の発展に遅れを取っていましたが、平成8年の橋上駅舎化を皮切りに大きな駅ビルが建設されるなど、近年ようやく大都市の玄関駅としての機能が整備されました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和16年に開業。写真の旧駅舎は開業当時からのものだが、大幅な改装が施されていた。
平成8年に現在の橋上駅舎が完成し、その後駅ビルが開業。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 相模原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
相模原駅
現在の駅ビル 平成17年2月19日撮影