新高徳駅 しんたかとく
東武 鬼怒川線
栃木県日光市

新高徳駅
駅舎正面 平成25年3月8日撮影
鬼怒川が流れる山間の集落にある駅で、駅前には住宅や田畑が混在しています。また、昭和34年までは当駅から矢板線が分岐しており、駅前からは廃線跡を思わせる緩やかなカーブを描いた道路が延びています。

駅の所在地名や開業時の駅名は「高徳」で、昭和4年に駅名の頭に「新」が付けられました。同年には鬼怒川線の前身である下野電気鉄道が東武日光線の下今市駅に乗り入れ、下今市−当駅および矢板線が東武鉄道の軌間に合わせて改軌されたとのことで、その際に駅の改良など何らかの動きがあり、駅名改称に繋がったのではないかと思われます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正6年に「高徳」駅として開業し、昭和4年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 新高徳駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
新高徳駅
ホーム側から見た駅舎 平成25年3月8日撮影