新高徳駅

しんたかとく
東武 鬼怒川線
栃木県日光市

新高徳駅
駅舎正面 平成25年3月8日撮影
鬼怒川流域の農村地帯にある駅。駅前には民家が建ち並んでいるほか、昭和34年までは当駅から矢板線が分岐していたため、駅前からは廃線跡を思わせる緩やかなカーブを描いた道路が延びています。なお、駅の所在地名や開業時の駅名は「高徳」ですが、昭和4年に鬼怒川線の前身である下野電気鉄道の東武日光線下今市駅へ乗り入れを開始。併せて大規模な路線改良が行われ、同年に当駅も現在の駅名に改称されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正6年に「高徳」駅として開業し、昭和4年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 新高徳駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
新高徳駅
ホーム側から見た駅舎 平成25年3月8日撮影