下赤塚駅

しもあかつか
東武 東上線
東京都板橋区

下赤塚駅
旧来の北口駅舎と思われる、北口入口の建物 H29(2017).1.24
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和5年に開業。写真の北口入口の建物の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 下赤塚駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
板橋区西部の市街地の中にある駅。南口、北口の2つの駅舎があり、駅の周囲には商業施設やマンションが建ち並んでいるほか、駅の南側を通る国道254号線の地下には東京メトロの地下鉄赤塚駅が設けられています。
また、北口駅舎の脇にある通路を抜けた先には「北口入口」と称する建物が建っており、テナントとして利用されていますが、これは先代の北口駅舎で、現在の北口駅舎が設けられる前はこの建物が出改札口として機能しており、ホームと直結していました。
下赤塚駅
北口入口の建物 H16(2004).3.28
下赤塚駅
北口駅舎 H29(2017).1.24
下赤塚駅
南口駅舎 H29(2017).1.24