大多喜駅

おおたき
いすみ鉄道 いすみ線
千葉県夷隅郡大多喜町

大多喜駅
駅舎正面 平成21年7月30日撮影
夷隅郡大多喜町の玄関駅。大多喜の町は江戸時代に譜代大名・本多氏の城下町として栄えてきたところで、駅の背後の丘が大多喜城址にあたり、駅前には商店や民家、公共施設などが建ち並んでいます。また、当駅の駅舎はいすみ鉄道の本社を兼ねており、駅構内には車庫が設けられているほか、同じ千葉県内にある銚子電鉄の成功例に倣い、グッズや名物のお菓子などの販売も行われています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した昭和5年当時からの駅舎と思われるが、大幅に改装・増築が施されている。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 大多喜駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
大多喜駅
ホーム側から見た駅舎 平成21年6月2日撮影

大多喜駅
平成12年当時の駅舎 平成12年3月21日撮影