大間々駅 おおまま
わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線
群馬県みどり市

大間々駅
駅舎正面 平成22年6月12日撮影
みどり市大間々地区(旧・山田郡大間々町)の中心市街地にある駅。
大間々は足尾銅山の銅を運ぶための街道の宿場として発展した町で、駅前には商店や民家が建ち並んでいますが、市街地の南側には東武鉄道・上毛電気鉄道の赤城駅があり、町の玄関としての役割を二分しています。

また、南に3キロ以上離れている両毛線の岩宿駅が、明治22年の開業時からしばらく「大間々」駅を名乗っていたこともあり、当時から大間々の町が重要視されていたことがわかります。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治44年に「大間々町」駅として開業し、翌年に現在の駅名に改称。(官報による)
現在の駅舎は昭和17年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 大間々駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
大間々駅
駅舎内部 平成22年6月12日撮影

大間々駅
ホーム側から見た駅舎 平成22年6月12日撮影