大川駅

おおかわ
JR東日本 鶴見線
神奈川県川崎市川崎区

大川駅
駅舎正面 平成19年9月16日撮影
川崎市内の工業地帯の中にある駅。大川支線の終点ですが、列車は通勤時間帯にわずかに運転されているのみで、日中は駅は静まり返っています。また、構内には多数の貨物側線が並んでいますが、現在は当駅を発着する貨物列車は廃止されています。なお、駅周辺の地名にもなっている「大川」という駅名は、日本の製紙業の礎を築いた大川平三郎氏の名に由来しているとのことです。
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正15年に貨物駅として開業し、昭和5年に旅客営業を開始。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 大川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
大川駅
ホーム側から見た駅舎 平成19年9月16日撮影