野田市駅 のだし
東武 野田線
千葉県野田市

野田市駅
駅舎正面 平成15年10月12日撮影
野田市の中心部にある駅。
野田は古くから醤油の醸造が盛んな町で、野田線の前身として開業した千葉県営鉄道も醤油の貨物輸送が主な目的だったとされています。その名残からか、現在でも駅はキッコーマンの醤油工場や施設に囲まれており、市街地からは隔絶されているような雰囲気となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治44年に「野田町」駅として開業し、昭和4年に現在地に移転。昭和25年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は昭和4年に建てられた2代目駅舎で、昭和61年に大幅な改装が施されている。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 野田市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.