西小泉駅 にしこいずみ
東武 小泉線
群馬県邑楽郡大泉町

西小泉駅
駅舎正面 平成22年6月12日撮影
邑楽郡大泉町にある、小泉線の終点駅。
駅の周囲には大泉町の中心市街地が広がっていますが、近隣に点在する巨大な工場の労働力を担うため、南米から渡来した日系人などが多く居住しており、商店の看板には外国語の記述が目立ちます。

当駅は、かつて町内にあった中島飛行機小泉工場の軍需輸送に対応するため仙石河岸貨物線の中間に開設され、同時に当駅までの旅客営業が開始されました。計画ではさらに路線を延伸して利根川を渡り、対岸の東武熊谷線妻沼駅(昭和58年に廃止)とを結ぶ予定でしたが実現せず、当駅−仙石河岸貨物駅間は昭和51年に廃止となり、現在、廃線跡は緑地帯となっています。

【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和16年に開業。現在の駅舎は開業当時からのものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 西小泉駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
西小泉駅
平成16年当時の駅舎 平成16年6月7日撮影