武蔵白石駅 むさししらいし
JR東日本 鶴見線
神奈川県川崎市川崎区

武蔵白石駅
駅舎正面 平成19年9月16日撮影
川崎市内の工業地帯にある駅。平成8年までは大川支線は当駅から分岐しており、単行の旧型電車が本線から乗り入れる際には構内配線の関係から一度駅舎側のホームに停車し、逆走して反対側の線路に転線、その後支線に分岐して支線用のホームに停車するという扱いを行っていました。なお、駅周辺の地名にもなっている「白石」という駅名は、日本鋼管の創始者・白石元治郎氏の名に由来しているそうで、日本鋼管は現在は社名が変わっていますが、京浜工業地帯を代表する巨大企業となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正15年に貨物駅として開業し、昭和5年に廃止。翌年停留所として再開業し、昭和11年に駅に昇格。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 武蔵白石駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
武蔵白石駅
ホーム側から見た駅舎 平成15年6月2日撮影

武蔵白石駅
大川支線ホーム跡 平成19年9月16日撮影