久留里駅 くるり
JR東日本 久留里線
千葉県君津市

久留里駅
駅舎正面 平成21年7月30日撮影
中世から久留里城の城下町として栄えてきた、君津市久留里地区の玄関駅。
駅の周辺には商店や民家が建ち並んでいます。

駅開業当時の所在地名は君津郡久留里町でしたが、後に合併により君津郡上総町となり、昭和45年には君津郡君津町(現在の君津市)の一部となりました。久留里線は木更津駅を起点とし、小櫃川の流域に沿うように谷を遡っていますが、沿線自治体は木更津市、袖ヶ浦市、君津市の3市にまたがっており、市町村域の遷移の複雑さを感じさせます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した大正元年当時からの駅舎。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 久留里駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
久留里駅
ホーム側から見た駅舎 平成21年7月30日撮影

久留里駅
平成12年当時の駅舎 平成12年3月23日撮影