木下駅 きおろし
JR東日本 成田線
千葉県印西市

木下駅
旧駅舎正面 平成20年1月13日撮影
印西市(旧・印旛郡印西町)にある駅。駅のある木下の町は古くから宿場町として、また、利根川水運の中継港としても栄えてきたところで、現在でも市役所などの主要行政機関は当駅の近くに設けられていますが、昭和末期頃に市の南部一帯に千葉ニュータウンが造成され、ニュータウンから都心部に直結する千葉ニュータウン線(現在の北総鉄道北総線・京成成田空港線)が開通したため、現在は旧市街とニュータウンの2つの地域が市の中心部としての役割を二分しています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治34年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明。
平成20年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 木下駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
木下駅
旧駅舎内部 平成20年1月13日撮影

木下駅
平成8年当時の旧駅舎 平成8年1月1日撮影

木下駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成8年1月1日撮影