川俣駅 かわまた
東武 伊勢崎線
群馬県邑楽郡明和町

川俣駅
旧駅舎正面 平成15年10月12日撮影
邑楽郡明和町の玄関駅。駅前には民家が建ち並び、周囲には田畑が広がっています。また、駅の南側には利根川が流れていますが、路線の開業当時に利根川への架橋が遅れたため、当駅はひとまず利根川南岸の埼玉県北埼玉郡川俣村(現在の羽生市の一部)に設けられました。その後、利根川の橋梁が完成し、駅は利根川北岸の群馬県邑楽郡梅島村(現在の明和町)に移転しましたが、その際にも駅名は改称されず、隣の県の地名を駅名としている状態が続いています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治36年に南方の利根川対岸に開業し、明治40年に現在地に移転。
写真の旧駅舎の建築時期は不明。平成28年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 川俣駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.