笠間駅 かさま
JR東日本 水戸線
茨城県笠間市

笠間駅
駅舎正面 平成19年8月4日撮影
笠間市笠間地区(旧・笠間市)の玄関駅。笠間の町は笠間稲荷神社の鳥居前町として、また笠間城の城下町として古くから栄えてきたところで、駅前には市街地が広がっています。なお、平成18年には隣接する西茨城郡友部町、岩間町と新設合併し、新たな笠間市が成立。市内では常磐線と水戸線の接続駅である友部駅が最も利用客数が多く、また、特急列車で都心と直結しているなど利便性が高いため、現在は友部駅が笠間市の実質的な玄関駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治22年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 笠間駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
笠間駅
平成10年当時の駅舎 平成10年8月24日撮影