岩槻駅 いわつき
東武 野田線
埼玉県さいたま市岩槻区

岩槻駅
駅舎正面 平成16年3月28日撮影
さいたま市岩槻区(旧・岩槻市)の玄関駅。岩槻は古くからの城下町で、駅前には商業施設や公共施設などのビルが建ち並び、東方にある城跡を取り囲むように市街地が広がっています。また、岩槻人形と呼ばれる日本人形の名産地でもあり、市内には多くの人形店があります。なお、岩槻の町に最初に駅を開業したのは、大正13年に蓮田から延びてきた武州鉄道で、後から開業した当駅は「岩槻町」駅と称していましたが、武州鉄道は昭和13年に廃止。翌年、当駅は現在の駅名に改称されました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和4年に「岩槻町」駅として開業し、昭和14年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎の建築時期は不明。平成29年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 岩槻駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.