堀切駅 ほりきり
東武 浅草線
東京都足立区

堀切駅
西口駅舎正面 平成21年2月22日撮影
荒川右岸の堤防のそばにある駅。付近には学校や病院、町工場などが建ち並んでいます。

堀切は荒川対岸の葛飾区に残る地名で、当駅も開業当時は堀切地区に近接した場所に設けられていたそうですが、大正時代の荒川放水路建設により駅は西側の現在地に移転。旧駅は荒川の流路となり、駅と堀切地区は荒川によって分断されてしまいました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治35年に開業し、大正12年に現在の場所に移転。
現在の西口駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 堀切駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
堀切駅
ホーム側から見た西口駅舎 平成21年2月22日撮影

堀切駅
東口駅舎 平成21年2月22日撮影

堀切駅
平成16年当時の西口駅舎 平成16年3月28日撮影