本中野駅

ほんなかの
東武 小泉線
群馬県邑楽郡邑楽町

本中野駅
駅舎正面 平成22年6月12日撮影
邑楽郡邑楽町の玄関駅。周囲には民家や商店が建ち並んでいます。当駅や当駅付近の路線は、路線建設時のルート選定や土地買収で紆余曲折があり、当駅も現在地よりも南方に開業した後、5年後に路線と駅を現在地に移設したという経緯があったようです。また、先に伊勢崎線に中野駅(現在の多々良駅)が開業していたためか、当時の村の中心部に近接して設けられた当駅は駅名に「本」の字を冠しています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正6年に現在地の南方に開業し、大正11年に現在の場所に移転。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 本中野駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
本中野駅
平成16年当時の駅舎 平成16年6月7日撮影