日立駅 ひたち
JR東日本 常磐線
茨城県日立市

日立駅
旧海岸口駅舎正面 平成21年8月9日撮影
日立市の玄関駅。駅前には市街地が広がっています。駅開業当時は、駅舎は現在の駅構内から見て南西側に設けられていたそうですが、大正3年に線路の反対側の場所(海岸口)に駅舎が移転。その後、跨線橋改札口や北口の開設を経て、昭和27年に中央口が新たに設置されたそうです。なお、2つの駅舎は300メートルほど離れており、どちらの駅舎を利用してもホームの列車停車位置まではかなり歩く必要がありましたが、平成23年に新たな橋上駅舎に統一され、利便性が向上しました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治30年に「助川」駅として開業し、昭和14年に現在の駅名に改称。写真の旧海岸口駅舎の建築時期は不明。平成23年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 日立駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
日立駅
平成17年当時の旧海岸口駅舎 平成17年2月20日撮影

日立駅
旧中央口駅舎 平成21年8月9日撮影