浜金谷駅

はまかなや
JR東日本 内房線
千葉県富津市

浜金谷駅
駅舎 H21(2009).7.30
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正5年に開業。
現在の駅舎は大正13年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 浜金谷駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
富津市の南部にある駅。富津市は広域合併により昭和46年に成立しましたが、当地は昭和30年までは君津郡金谷村という独立した村だったところで、市名の元となった富津の町や富津岬からはかなり離れています。
また、駅前には漁港が広がっていますが、海水浴場を挟んで北西側にはフェリーターミナルが設けられており、東京湾・浦賀水道の対岸にあたる神奈川県横須賀市の久里浜港とフェリーによって結ばれています。
浜金谷駅
駅舎 H15(2003).10.13
浜金谷駅
ホーム側から見た駅舎 H15(2003).10.13