安善駅

あんぜん
JR東日本 鶴見線
神奈川県横浜市鶴見区

安善駅
縮小前の駅舎 H19(2007).9.16
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正15年に開業した「安善町」貨物駅と、昭和5年に開業した「安善通」
旅客駅を昭和18年の国有化時に統合。現在の駅舎の建築時期は不明だが、平成26年に駅事務室部分を縮小。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 安善駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
横浜市内の工業地帯にある駅。大川支線が分岐しているほか、貨物駅としても機能しており、かつては周辺の工場や施設へ多数の貨物線が分岐していました。なお、駅周辺の地名にもなっている「安善」という駅名は、安田財閥の創始者・安田善次郎氏の名に由来しているそうで、安田氏は京浜工業地帯の基礎形成や鶴見臨海鉄道の敷設などに尽力したそうです。
安善駅
ホーム側から見た駅舎 H19(2007).9.16
安善駅
縮小前の駅舎 H15(2003).6.2
安善駅
縮小後の駅舎 R3(2021).9.25
安善駅
駅舎内部 R3(2021).9.25
安善駅
ホーム側から見た駅舎 R3(2021).9.25
【切符】
安善駅 きっぷ
安善駅 きっぷ