相老駅 あいおい
わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線
群馬県桐生市

相老駅
駅舎正面 平成22年6月12日撮影
桐生市の郊外にある駅で、東武鉄道桐生線が接続しています。
駅前には民家が建ち並んでいますが、近隣には大きな工場も点在しています。

駅の所在地は桐生市「相生」町(駅開業当時は山田郡相生村)で、開業当初は「相生」駅だったものが翌年には「相老」の表記に変更されています。理由は諸説あり、兵庫県の相生駅との重複を避けたためという説が一般的ですが、そちらは昭和17年までは「那波(なば)」という駅名だったため辻褄が合わず、起点の「桐生」駅と「相生」の漢字が似ているため、混同を防ぐために表記を変えたとする説が有力ではないかと思われます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治44年に「相生」駅として開業し、翌年に現在の表記に改称。(官報による)
現在の駅舎の建築時期は不明だが、建物財産表には「明治43年」とある。
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 相老駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
相老駅
ホーム側から見た駅舎 平成22年6月12日撮影