十和田南駅

とわだみなみ
JR東日本 花輪線
秋田県鹿角市

十和田南駅
駅舎 R2(2020).7.10
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正9年に「毛馬内(けまない)」駅として開業し、昭和32年に
現在の駅名に改称。現在の駅舎の建築時期は開業当時とする記録と、
昭和10年とする記録がある。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 十和田南駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
鹿角市にある駅。スイッチバック構造の配線の駅で、列車は当駅で進行方向が反対になります。
また、大湯川の対岸には古くから城下町として栄えてきた毛馬内の町が広がっており、当駅も開業当時には「毛馬内」駅と称していましたが、昭和30年に駅所在地の鹿角郡錦木村と鹿角郡毛馬内町が合併し、鹿角郡十和田町(現在は鹿角市の一部)が成立。その2年後に駅名が現在のものに改称されました。
十和田南駅
駅舎内部 R2(2020).7.10
十和田南駅
ホーム側から見た駅舎 R2(2020).7.10
十和田南駅
駅舎 H20(2008).9.23
十和田南駅
ホーム側から見た駅舎 H20(2008).6.22
【切符】
十和田南駅 きっぷ