陸前山王駅

りくぜんさんのう
JR東日本 東北本線
宮城県多賀城市

陸前山王駅
駅舎正面 平成20年9月22日撮影
多賀城市郊外の農村地帯にある駅。当初は岩切駅から分岐する塩竈線の中間駅として開業し、当駅から品井沼駅までの新線が開業すると東北本線に所属する駅となりましたが、その後も貨物線となった塩釜港駅方面への路線(現在は廃止)や、後に開業した仙台臨海鉄道の分岐駅として、貨物輸送上重要な役割を担っています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和8年に「多賀城前」駅として開業し、昭和19年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 陸前山王駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
陸前山王駅
ホーム側から見た駅舎 平成20年9月22日撮影

陸前山王駅
平成8年当時の駅舎 平成8年9月23日撮影