陸中松川駅 りくちゅうまつかわ
JR東日本 大船渡線
岩手県一関市

陸中松川駅
旧駅舎正面 平成11年3月28日撮影
一関市東山地区(旧・東磐井郡東山町)にある駅。
駅は駅名の由来となった松川の町と、東山の町の中心部との中間あたりに設置されましたが、後に松川の町の近くには岩ノ下駅が、東山町の中心部には猊鼻渓駅が開業しました。

駅の近隣には石灰石の採掘場やセメント工場などがあり、平成8年頃までは関連貨物の輸送も行われていたそうですが、現在は簡易な待合室があるのみの静かな無人駅となっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正14年に開業。写真の旧駅舎は一部に古い建物の構造を残しつつ、大幅に増改築されたもの。(昭和33年に駅舎一部改築の記録あり) 平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 陸中松川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
陸中松川駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成11年3月28日撮影