陸中門崎駅

りくちゅうかんざき
JR東日本 大船渡線
岩手県一関市

陸中門崎駅
旧駅舎正面 平成11年3月28日撮影
一関市川崎地区(旧・東磐井郡川崎村)にある駅。地区の中心集落は北上川と砂鉄川の合流部付近に広がっていますが、駅はそこから1.5キロほど北西方に離れた場所に設けられています。また、線路を東に直進させれば千厩の町まではすぐですが、路線建設の経緯から摺沢と千厩の両方を経由することとなったため、路線は北に大きく迂回する形となっています。なお、駅の無人化後、旧駅舎の事務室部分はJAの支所として使われていましたが、現在は簡素な待合室に建て替えられています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正14年に開業。写真の旧駅舎は開業当時からのものと思われる。
平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 陸中門崎駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
陸中門崎駅
旧駅舎と駅構内 平成11年3月28日撮影