折渡駅 おりわたり
JR東日本 羽越本線
秋田県由利本荘市

折渡駅
駅舎正面 平成20年6月23日撮影
谷間の静かな場所に設けられた駅で、 周囲には数件の民家が点在しています。

もとは旅客も扱う信号場として設置され、正式な駅となったのはJR東日本が発足した昭和62年4月になってからのことでした。駅舎も信号場時代の詰所をそのまま使用しているらしく、狭い待合室には職員用のロッカーなどが置かれていました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 昭和32年に信号場として設置され、昭和62年のJR東日本発足時に駅に昇格。現在の駅舎は信号場時代に建てられたもので、駅昇格前から旅客の取り扱いがあったとのこと。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 折渡駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
折渡駅
ホーム側から見た駅舎 平成20年6月23日撮影