男鹿駅

おが
JR東日本 男鹿線
秋田県男鹿市

男鹿駅
旧駅舎 H20(2008).6.23
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は大正5年に「船川」駅として開業し、昭和43年に現在の駅名に改称。
写真の旧駅舎は昭和14年に建てられたもの。平成30年に駅構内の南側に
現在の駅舎が完成。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 男鹿駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
男鹿市の玄関駅。駅前には市の中心市街地が広がっており、駅の裏手には工場や港湾施設が建ち並んでいます。
開業時の駅名は「船川」、路線名は「船川(軽便)線」で、これは駅の周辺に広がる船川の町(自治体名は南秋田郡船川港町)に由来していたようですが、昭和29年の町村合併により男鹿市が成立。その後、駅名、路線名ともに現在のものに改称されました。
なお、平成30年には駅構内の南側(終点側)に新たな駅舎が設けられています。