能代駅 のしろ
JR東日本 五能線
秋田県能代市

能代駅
駅舎正面 平成20年6月21日撮影
能代市の玄関駅で、駅の周囲には古くからの中心市街地が広がっています。

明治34年、奥羽本線が能代の町から少し離れた場所に開通し、現在の東能代駅(開業当時は能代駅)を町の玄関駅として設置したため、明治41年に当駅(開業当時は能代町駅)までの支線が開業。現在、当駅は五能線の中間駅となっていますが、東能代−能代駅間には多数の区間列車が運転され、奥羽本線の列車との接続が図られています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治41年に「能代町」駅として開業し、翌年現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和15年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 能代駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.