宮古駅

みやこ
三陸鉄道 リアス線
岩手県宮古市

宮古駅
三陸鉄道移管前の駅舎 H17(2005).5.8
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した昭和9年当時からの駅舎と思われるが、平成24年に大幅に
改装されている。平成31年の山田線当駅−釜石間の三陸鉄道への移管
に伴い、当駅の管理も三陸鉄道へ移管。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 宮古駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
宮古市の玄関駅。駅前には市の中心市街地が広がっています。
JR山田線と三陸鉄道リアス線が接続しており、かつてはJRと三陸鉄道がそれぞれ別の駅舎を有していましたが、平成23年の東日本大震災による影響で、山田線の当駅−釜石間の列車の運行が休止。同区間は平成31年に復旧の上三陸鉄道へ移管され、同時に当駅の管理も三陸鉄道へ移管されたため、元のJRの駅舎を現在は三陸鉄道が使用しています。