三沢駅 みさわ
JR東日本 東北本線
青森県三沢市

三沢駅(JR東日本/青い森鉄道)
旧駅舎正面 平成21年3月7日撮影
民間航空会社・航空自衛隊・米国空軍が共用する三沢空港(三沢飛行場)を持つ、三沢市の玄関駅。
駅前には商店や民家が建ち並んでいますが、市の中心市街地は北東に少し離れた場所に広がっています。

平成21年の訪問時には、白樺の丸太があしらわれ、かつて「白樺の駅舎」と呼ばれたという旧駅舎の一部が現在の橋上駅舎の傍らに残っており、JR東日本の旅行センターとして使われていました。また、当時はJR東北本線の駅でしたが、平成22年に青い森鉄道に移管され、旧駅舎は同社の旅行代理店となっていたそうです。
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は明治27年に「古間木(ふるまき)」駅として開業し、昭和36年に現在の駅名に改称。
写真の旧駅舎は昭和9年に建てられたもので、昭和22年・46年に駅舎一部改築の記録あり。
昭和62年に現在の橋上駅舎が完成。平成22年にJR東日本から青い森鉄道に移管。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 三沢駅(JR東日本/青い森鉄道)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三沢駅(JR東日本/青い森鉄道)
現在の橋上駅舎(正面口) 平成21年3月7日撮影